前回の記事「お子さんに決めてもらっていますか?」の続き 2のタイプのお子さんのことをもう少しお話ししたいと思います。   最近、このタイプの子で、かなり強烈なお子さんが私の勤める塾にいたことがありました。   上にお姉ちゃんがいる末っ子の男の子。 初めて塾にきたのは中学2年生のとき。しっかりしているように見えるけど、ちょっと甘えん坊かなという印象の子でした。 その子のお父さん、…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の勤める塾では、自習スペースがあるのですが、生徒さんの様子(中学生)を見ていると、大きく2パターンに分かれます。   1、自分の今やるべきことが決まっていてさっさと始める子 2、何をやろうかいろいろ出しては考え出しては考え、、、で10分くらい使ってしまう子   この差ってどこで生まれるんでしょう?   答えは 決められるかどうか です。   1の生徒さんっ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少子化に反比例するかのように、早期教育市場は賑わっていますね。 家庭保育園、ディズニー英語システム、七田式、ドーマン法、モンテッソーリ、もっとも早い教育としては胎児の頃から行うスセディック式というのもありますね。 これって、必要なんでしょうか? 実際、そのように聞かれたこともあります。そのとき、私はなんて答えたかというと   「お子さんがやりたがっていますか?」     答えと…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1 5 6 7
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク