親子二人三脚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

277100

巨人の高橋由伸選手兼任コーチが監督の要請を受けたとニュースになっていますね。

 

あっ、スポーツはしないけど観戦は大好きで、昔クロマティがいる頃の巨人の試合を見に後楽園(古っ!)に行ったり、大学時代はオリックスにいたイチローを見に球場に足を運んだことがあるほど野球好きなむらさき です^^

 

高橋由選手といえば、

・小学校から高校入学まで熱心なお父さんとバッティングセンターに通った

・体の倍近い約3メートルの青竹で素振りをするといった自主トレをお父さんとやった

 

などのエピソードは、野球好きの間では有名。

 

イチロー選手も、父親との二人三脚の幼少期の野球漬けの生活は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

やはり、才能が開花する人って親と二人三脚で歩んできているんですね・・・・・・

 

って、どんな子どもでも、才能を開花させるためだけでなく、大人になるためにだって、お母さんとの二人三脚は必要かつ不可欠なことなんじゃないかなと思います。

 

だって、右も左も分からずにこの世に誕生したわが子。右も左も分かるようになり、さらにもっと成長するためにお母さんの支えは大事です。

 

ただ、ここで心にとどめておいてもらいたいことがあって、それは、二人三脚とは、二人の足並みを揃えないと、前には進めないということ。

 

お母さんががむしゃらに頑張ったって、進むかもしれないけれど、ゴールは程遠いですよね。下手すれば、子どもを引きずってゴール目指すこともあります。

 

それは本来のゴールじゃない。だって、この二人三脚のレーンの中心にいるのは紛れもなくお子さんなんだから。

 

子どもの様子をしっかり見て、感じて、ともに前に進めているか、そして、いずれは二人三脚の足のひもをはずして、子ども一人が前に進むのを見守れるようになるのか、、

 

高橋選手のニュースから、そんなことを感じました。

 

お母さん、あなたはお子さんとの二人三脚のいい相方になれていますか?

b5dc635839ed0259b97df29088a86847_s

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク