1つが改善されると他も良くなっていく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

274374

中学生になると、今までのやってきたことや やってこなかったことから抜け出すのは大変になります。きっと本人は大事なことだと分かっていても、いざ実践しようとするととてもつもなく苦労する。

 

たとえば、毎日勉強すること。

 

みんな大事だと分かっているのです。塾でも、「やば~い勉強あまりやっていないよ~~」と言っている生徒さんは、毎年何人かいます。

 

勉強やっていないことがやばい→つまり勉強しないといけない って理解しているんですよね。それができないのは、長年の習慣が身につきすぎて、そこから抜け出せない状態なだけ。

 

今年の3月に卒業した生徒さんで、最初に塾に来たときは、勉強の習慣が身についていない子がいました。出された宿題も全部やってくることは少なく、当然自主勉強なんてしたこともありませんでした。

 

とにかく勉強の習慣をつけてもらいたいな、と思って、その子の宿題は1日分ずつ出すことにしました。それも、終わるまでに5分もかからない量で。

 

最初は取りかかるまでに時間がかかり、苦労したようですが、お母さんに声かけのご協力もいただいて、なんとか全部やってくることができました。そのときの、その子のすがすがしい顔、今でも鮮明に覚えています。

 

何かをクリアするって、人に大きな成長をもたらすんですよね。そのクリアした課題が、ほんのちょっと頑張れば達成できるものだと、やる気にもなりやすいですし、達成できたときに得られる気持ちはものすごく大きなものがあります。

 

その子は、翌週以降、宿題を忘れることはありませんでした。たまに忘れてしまって、寝る前に慌ててやったんだよ、ということはありましたが、その日のうちに自分のやるべきことを思い出して、きちんとやってから寝るようになったのです。そして、半年もたったころ、こんなセリフがその子から出てきました。

 

「先生、自習したいので早く来ていいですか?」

 

びっくりしました。宿題をやることすらできていなかった子が、自主的に勉強を始める。毎日の宿題をこなしていくうちに、自然と勉強をやる習慣が身についていたんですね。

 

そして、その子の変化はそれだけではありませんでした。

勉強のときの姿勢がとてもよくなっていたのです。

 

最初塾に入ったばかりのころは、ものすごい姿勢で勉強していました。姿勢が悪くて、体のいろんなところが痛くなりそうな、目も悪くなりそうな感じでした。「まっすぐ座ってごらん」と声をかけて直すのですが、すぐに元通り。

 

それが、勉強の習慣がついてからは、とてもきれいな姿勢で机に向かっています。姿勢に関して私から何か言ったことは、最初の頃以降、1回もありませんでしたが、自然と正しい姿勢になっていました。

 

あれもこれも、って欲張ってなにかをさせようとしても、結局みんなダメになってしまうことが多いもの。だったら、何か一つに絞ってそれだけを徹底的に改善していけば、他も一緒に良くなっていくものです。

 

今回は中学生の話だけになってしまいましたが、何かをお子さんに身につけて欲しいときには、まずは1つだけに絞って、徹底してやっていくのがいいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク