国語力をつけるために絵本は必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

213670

最近、塾の同僚の先生同士でよく話題になるのが、生徒の国語力のこと。

国語力って、塾に入ってくる頃には明確に「得意」「得意じゃない」が分かれていて、「得意じゃない」子を「得意」にするのは、かなり難しい・・・

 

国語の勉強って、やり方が分からない子が多いし、そもそもやろうとしない子も多い。日本語知っているから大丈夫でしょう、みたいな感覚で済ませている。それで、点数に差がつくから、やっぱり自分は得意じゃないからしょうがない、で終わっちゃう。

 

確かに、国語ってセンスがある子は感覚で解いているようなところもあるので、その力は否定できないけれど、じゃあ、センスってどこで身につくの?ってそれはやはり小さい頃の読書の量は大事になってくる。

 

国語が得意な子って、ほとんど本が好き。得点が高い子ほど、読む本の種類も豊富。小説から科学の本、歴史の本、新聞もちゃんと読んでいるんですよね。

 

読書って、小さい頃の経験が大きくて、いろんな本に触れていない子は、いろんな本が読めるようにならない。読み始めても途中で飽きてしまうみたい。

 

小さい子って、絵本、大好きですよね。しかも、気に入ると、同じものだって何回も何回も読んでとせがむ。

 

大人としては、もう読んでしまったから、その先のストーリーも、さらには一字一句まで覚えてしまうこともあるので、何回も同じものを読むのはかなり大変なんだけど、そこで、根気よく付き合えることって大事なんだと思います。

 

だって、何回も読みたがるってことは、子どもの心に何か響くものがその本のなかにあったはずだから。

 

ついつい忙しくて、「またあとでね」が繰り返されると、子どもはあきらめちゃう。それでいて、大きくなってから「本読みなさい」って言われたって、子どもだって困りますよね。

 

子どもの心に何かが響いているとき、その大切なとき、親が大変でも子どものその気持ちにつきあってもらいたいなって思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは2件です

  1. TM より:

    自分は小さい頃は寝る前もそうですけど暇さえあれば母に絵本読んでもらってましたね。
    それはもう普通の童話から落語絵本まで!(笑)
    おかげで(?)中学高校と国語に関してはほぼ勉強せず試験範囲を把握するだけで学年トップ争いに参加してましたよ(笑)
    今でも読書はSF、ホラー、サイエンス、ノンフィクション、歴史、なんでもありです。興味があったり好きな作家さんなら何でも読みます。
    「読書しなさい」と言われたことはあんまりないですね。

    • murasaki より:

      コメント、ありがとうございます。
      ステキなお母様ですね!お母様の選ぶ本の幅広さもすごいです^^

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク