携帯電話はいつから与えるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_m

携帯電話を持っているお子さん、増えましたね。

勤めている塾でも、持っている生徒さんはいるのですが(もちろん、授業中には一切出させません)、まだ早いのじゃないかなっていうのが私の正直な気持ちです。

 

与えるご家庭は、だいたい

・防犯のため

・親子の連絡手段で

・友達が持っているから仲間外れにならないように

 

といった理由で持たせていることが多いですが、携帯でこれらのことが全部できるのでしょうか?他に手段はないのでしょうか?

 

防犯のためと言ったって、携帯で100%安全が保証されるわけではないですし、連絡手段なら学校にも塾にも電話はあります。

友達が持っているからという理由も、どうなんでしょう?そこまで合わせて付き合わなくはならないのかなって思ってしまいます。実際、持っていないお子さんもいるのですから。

 

塾の生徒の様子を見ていても、授業が終わった途端に携帯画面を見る子もいて、はっきり言って勉強がそっちのけです。親には持たせる正当な理由があったとしても、子どもにとっては単なる遊びツールにしかなっていないように感じます。

 

それに、子どもののうちから便利な状況に慣れすぎてしまうのも考えものです。

親世代の大人たちは、携帯などない時代を長らく過ごしてきました。確かに、不便でしたよね。友達に連絡取るためには、家に電話するしかなく、友達の親にきちんと挨拶してからつないでもらうしかありませんでした。

どうしても友達の親と話すことに抵抗があったら、友達が確実に出てくれる時間に電話をかける工夫をしなければなりませんでしたね。

友人と待ち合わせをするときには、その場で電話で連絡を取り合うことが不可能でしたので、確実に会える場所をお互いに考える必要がありました。

 

不便であるがゆえに、工夫が生まれるのです。便利なだけでしたら、考えることすらしませんから。

 

便利な世の中であるからこそ、便利さに甘えない。そんな付き合い方が携帯とできるといいかなって思います。

 

それには、与えないということも、親の愛なのではないのかなと、私は考えるのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク