子どもの集中力を高めるために今からできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

「子どもの集中力がなくて・・・」

 

多くのお母さんからよく聞く言葉ですが、ではどうやって集中力をつけてあげたらいいのでしょう?簡単にできることをあげてみたいと思います。

 

 

それにはまず、勉強する環境を整えることです。

 

 

机の上に勉強道具以外のものを置かない、テレビは消す、ゲームなどのお気に入りのものが目に入らないように片づける・・・など。勉強するのに勉強以外のものに気を取られるような環境では、大人だって集中するのが大変です。子どもだったらなおさら。だとしたら、まずは片づけることが第一です。

 

 

次に、時間を決めてやることです。

 

 

子どもの集中力は長続きしません。年齢×1分程度だとも聞きます。小学校の授業時間も45分で、その中で先生方は工夫してメリハリをつけ、飽きさせない努力をされています。大事なのは、集中が切れてもまた元に戻せるようにすること。家庭でそれをするには、キッチンタイマーなどで時間を測ることが有効です。そのときに、欲張って長い時間を設定しないでくださいね。まずは5分くらいから、まだまだやれそうだなって子どもが感じるくらいの時間がちょうどいいです。そして、1分くらい休んでまた5分の勉強を始める。この繰り返しで、ある程度の時間、メリハリをつけて集中できる力を養えるようにしてあげてください。

 

 

 

そして、睡眠をしっかりとることです。

 

 

睡眠不足が集中力に影響することは、大人でしたら経験的に知っている方も多いと思います。子どもならもっと悪影響を及ぼします。起きている間しっかり集中できるようにしてあげたいのなら、まずはしっかり早寝早起きの習慣をつけることです。

 

 

最後に、できれば子どもが勉強している間は親御さんはそばで見守っていてあげてくださいね。特に勉強し始めの小1の段階では、一緒に勉強する習慣をつけながら集中力をつけていくのが一番です。たまに、「我が家は子どもに任せているので」とか、「子どもの自主性を尊重しているので」とかいったことを聞きますが、それは基本ができてからです。まずは一緒に乗り越えていくことが大切だと思います。

 

ただ、じ~っと見ているだけでなく、親御さんもこれを機にご自分の勉強をしてみてもいいかもしれませんね。資格を取るために勉強したり、昔の参考書でも出してきたり・・・

 

改めてやってみると、勉強って楽しいものですよ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク