子どもの自主性に任せるといいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちは子どもに子ども自身のことは任せているので・・」

「子どもの自主性を大事にしています」

 

このように話されるお母さん、いらっしゃいますが、たま~に自主性と放置を勘違いされていることもあります。

 

 

 

 

11月になり、塾の方も、受験生の顔つきがドンドン変わってきました。受験が近付くにつれ、今まで以上に真剣に問題に向き合い、必死に解いていく・・・努力する人間の姿はいいものです^^

 

ただ、一方で中々エンジンのかからない子もいます。

 

塾に来たって、気が付けばぼ~っとしていて、早く勉強するように促してもダラダラ、やっと取りかかったと思ったら、すぐに休憩。

 

どうしたものかと、親御さんに聞いてみても、家での様子がも分からないことがよくあります。で、返ってくる答えが上記のとおり、

 

「うちは子どもに子ども自身のことは任せているので・・」

「子どもの自主性を大事にしています」

 

自主性って言葉、間違えていないかな?それってただの放置なんじゃないかと思います。子ども自身がが今やるべきことを、なかなかやろうとしない状況を、親が理解していない。

 

「たぶん、やっているだろう」ぐらいの認識でいて、いざ成績が下がると烈火のごとく怒りだす・・・。子どもだってたまったものではありません。

 

人間、楽な方に流れていくのは仕方ありません。大人だってサボりたくなるとき、たくさんあるでしょう。大事なのはその時にどういう選択ができるか、です。そして、その「選択」する方向をどちらにするのかは、幼いころからの習慣や考え方が大きく関わってきます。

 

もちろん、過度な干渉はいただけませんが、子どもが自らやるように導いていくことはとても大事です。

 

自主性って勝手に育つものではありません。自主性が育つように育てるのです。

 

 

中学生になってから初めて、自分から自分のやるべきことをすすんでやるのは難しいものです。そこまで長年やらないで来てしまったわけですからね。

 

小さいうちから、自分のやるべきことを認識し、自らやる力を身につけられるよう、うまく親御さんがが誘導してほしいものです。もちろん、大変な作業ですが、でも、これは親だからこそできることなのではないのかなと思います。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク