お年玉やお小遣いの使い方ってどう教えるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

643bd0d8b89f4f706de6cda4d84072e3_s

先日、塾での生徒さんとの会話で、結構な額のお年玉をもらっていることを聞きました。

何と、約8万!!!

 

祖父母から2万ずつ、父方母方合わせて4万、叔父叔母が多いらしく、合わせると8万くらいになっているとか・・・

 

そのお年玉、どうしているのかと聞いたら、ほとんど親に預けているとか・・。ちょっとほっとしたものでした。

 

お年玉やお小遣いの扱い方は、どのご家庭でも頭を悩ませているようですね。お年玉は額も大きかったり、年1回のイベント的な側面があるので、ご家庭で方針は決められやすいようですが、お小遣いとなると、まずその与え方から考えなければなりませんよね。

・月々の一定額にするのか

・必要なものの購入分だけ渡すのか

・お手伝いの成果あるいは報酬として渡すのか

また、渡し始めの時期、その額など、悩みは多様ですよね。

 

お小遣いをいつから渡すのか、どうやって渡すのか、その額はどうするのか、目安はあっても決まった答えはないと思います。

大事なのは、ご家庭で大人がしっかり話し合って、きっちりと我が家の方針を決めること。自分がお金とどうかかわってきて、子どもにはお金を通してどんなことを学んでほしいのか、また、どんなことを身につけてほしくないのか、まずはよくよく考え、話し合い、家庭の方針として、ビシっと決めておく。

小学校に上がると、お友達からお小遣いの話を聞く機会も出てきますが、それに惑わされないためにも重要なことだと思います。

 

お金の問題って、いろいろなことが学べる大きなチャンスです。

お金はお父さんお母さんが頑張って働いた結果としてここにあるということ、決して簡単には手に入れられないということを学び、

そうやって手にしたお金をどう使っていくのか考え、

使い方の計画を自分なりに立て、

計算方法まで学べる

 

 

お金を通して学んだことは、高学年以降の勉強に大いに役立ちますし、もちろん、将来にわたってお子さんの宝にはるはずです。

 

お金のことは、日々生活する上で、決して目を背けられない問題です。なるべくはやく、ご家庭でしっかり決めておいて欲しいな、と思います。

 

 

参考までに、一つのご家庭の例ですが

お小遣いはお手伝いをしたら与えると言う報酬型でした。単価は親が決めたようですが、何をやるかはお子さんに決めてもらったとのこと。

そして、お手伝い記録はノートに一緒に記入し、1ページがいっぱいになったタイミングで渡したそうです。

渡し方は、最初は現金をむき出しのまま渡したそうですが、ある日、ふと思い立って、きれいな封筒に入れ、「いつもありがとう。御苦労さまでした」の一言とともに渡したようです。

そのとき、お子さんはビックリしたようですが、とても喜んだようです。以来、お金を使うときに、よくよく考え、お母さんに相談することもあるとか。

目の前に手渡されたお小遣いが、単なるお金ではなく、意味のあるお金になった瞬間なのかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク