シャープペン派が大多数!塾で鉛筆をもっている子はほぼゼロの実情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

私が今の塾に勤め始めたのは15年前ですが、そのころから中学生はシャープペン派がほとんど、というより鉛筆をもっている子をほぼ見かけませんでした。そして今現在、鉛筆をもっている中学生の生徒さんはいません。

 

私はこれにちょっと驚いたのですが・・・。

 

というのも、私が中学のころは、鉛筆でなくてはいけない、と言われていたので。反抗してシャープペンを使っていたり、ふでばこの底に隠すようにして持ってきている同級生はいましたが、私は先生が怖かったので(^_^;)、鉛筆だけをふでばこに入れていて、シャープペンは家で使うようにしてました。

 

でも、結局シャープペンを使うことは当時あまりありませんでした。というのも、先生が説明してくれた理由に納得できたから。

 

その理由とは、

 

 

今は成長期の最終段階。この時期に隙間があってグラグラ動いたり、すぐに折れたりするシャープペンを使うより、しっかりしたつくりの鉛筆で書いた方が字も安定するし、きちんとした持ち方も定着する

 

 

というものでした。科学的根拠があるのかどうか、未だに調べていないので分かっていませんが(~_~;)、実際、字が安定するのは確かです。折れる心配をしないので、思いっきり書けますし、勉強していてもイライラすることもありません。字を書くことで困ることはありませんでした。なにより、漢字練習は楽しかったですね。鉛筆は芯が太いので、ちょっと書道的な書き方をして、自己満足に浸っていました^^ こういうのも大事かもしれませんね。今の生徒さんを見ていると、漢字練習は本当に苦痛だと言っていますので。

 

そんな私も高校生になってシャープペンを少しは使うようになりましたが(当時は勉強量が分かるという理由でボールペンを愛用してました)、結局今は鉛筆に落ち着いています。数学の問題をいっきに解いたり、図形書いたり、問題を図式化するときには、やはり鉛筆の方が書きやすいんですよね。折れるストレスがない分、解くスピードも、たまに鉛筆を忘れてシャープペンを使うときよりはやいような気がします。

 

今は可愛い鉛筆やかっこいい鉛筆も文具屋さんに売っていたりするので、生徒さんにも鉛筆を使ってその良さを知ってもらいたいな~なんて密かに思っています^^

 

 

 

 

 

 

私の愛用品はこれです↓^^

トンボ鉛筆 鉛筆8900 2B 8900-2B 1ダース(12本)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク