小学校入学準備って何からすべきか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年、今年もあと半月で終わりですね。

 

来春、お子さんが小学校入学を控えているお母さん方は、準備に気ぜわしくなってくる頃でしょうか。

実際物理的な準備(ランドセル買ったり、袋ものを用意したり、ノートや筆記用具を揃えたりなど)は、学校から連絡が来たり、幼稚園や保育園の先生からアドバイスをもらったり、まわりの先輩お母さんから聞いたりして少しずつ始められているでしょう。

 

ここでは、塾の講師として、入学前に絶対準備しておいてほしいことを書いておきたいと思います。

 

それは、小学校で学習に必要なものを置く場所をリビングに作っておくことです。ランドセルと教科書を置く棚などが用意できるといいかなと思います。棚が無理なら箱でもいいと思います。

 

 

そのような場所を作る一番の目的は整理整頓です。塾の先生が何で整理整頓って言うのか、、、、それは、塾の生徒を見ていると、机の上の状態と成績にある程度の因果関係があるように感じるからです。

 

成績のいい子って、机の上がきれいなんですよね。

 

個別指導の90分で、まず最初に宿題のチェックから始めるのですが、宿題のノートを全部出して、私が確認した後、教科別のテキストの学習に入るのですが、勉強の苦手な子って、宿題のノートの上にテキストを積み重ねるんですよね。で、そのまま始めようとするんです。

 

もちろん、その場で必要のないノートはしまうように言うのですが、次の教科に入るときに、また同じ状態、つまり前の教科のテキストとノートを出したまま次の教科のテキストやノートを重ねようとするんです。

 

成績が上位の子ってまずそういうことはありません。終わった教科のテキストなどは自分のカバンにしまうか、塾の机の下の棚にい入れて、机の上は今勉強する教科だけを出しておきます。

 

やはり、目の前の勉強に集中するために、余計なものを置かないことは大事だと思うんです。で、そういう習慣って、小学校低学年の時に身につけておかないと、大きくなってからはなかなか改善しません。実際、前の教科のテキストなどを出したままの生徒って、何回も何回も注意されています。もう、積み重ねたテキストの上にノートを置いて勉強するのが身についちゃっているんですよね。

 

先生が終始目の前にいない自習席では、その傾向が顕著にあらわれます。2~3段くらいノートやテキストを重ねて勉強しているツワモノを見たこともあります。グラグラした中でノートを取るのは勉強しづらそうですし、集中力の切れも早いです>< それでも治らない・・・

 

 

不思議なことに、勉強が分かるようになって成績が上がってくると、自然と前の教科のテキストはしまえるようになってきます。しかし、どうせなら、最初から整理整頓出来ていた方が、勉強はスムーズですよね。

 

小学校入学前というのは、いい習慣をつくる最大のチャンスだと思うんです。そして、完全に身につくまで、お母さんが見守ってあげるのが一番。

 

なので、リビングに学校用品が整理整頓できる場所を作ってほしいなと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
スポンサードリンク